オンラインでの組織マネジメントの課題解決に。

<シリコンバレー流>
リモートマネジメント研修ワークショップ

"これからの世界をリードする人材育成" をテーマにICCがプロデュース
海外在住ビジネスエキスパートとつながるビジネスパーソン向けグローバル研修【オンラインWS】

個人参加
コーポレート人事・人材開発経由
【オンライン完結型】

<シリコンバレー流>
リモートマネジメント研修ワークショップ

COVID-19の拡大により、リモートワークを早急に導入する企業・組織が急増しています。
リモートワークが始まったことで、部下や同僚やプロジェクトメンバーとのコミュニケーションに難しさを感じていませんか?

これからのポストコロナ時代、オフィス勤務とテレワークが混じり合う世の中になります。

  • リモートワークが基本、オフィス勤務はそれを補うものという位置づけに
  • 実働時間よりもアウトプットを重視
  • ワークライフバランスの尊重
  • 今まで以上の密なコミュニケーション
  • 信頼、透明性、共感力の必要性

このような職場の変化に対し、リモートでもオンサイト(対面)でも、さらにはその組み合わせでも、変わらない強いリーダーシップがこれからの時代に求められています。
多様な働き方が”通常”のアメリカ・シリコンバレーの例から、コロナと共に戦い抜く真のリーダーシップについて理解を深め、習得を目指すワークショップです。

対象:社会人(若手/中堅社員~管理職まで)

こんな方にお勧め:

  • チーム内、同僚とのリモートでのコミュニケーションに課題を感じている方
  • リモートでの業務やプロジェクトを円滑に回すためのヒントを得たい方
  • 海外の働き方から学び、自己のパフォーマンスを高めたい方
  • リモートワークをする組織の管理職 など

概要:各回120分【講義・ケースタディ60分+アクティビティ60分】
書籍やネット検索からは学べない、米国シリコンバレーで用いられている実践的手法を体系的に理解し、実践を見据えた練習(アウトプット)までを2時間で行います。

リモートマネジメントA:知識・スキル習得編(120分)
リモートマネジメントB:実務応用編(120分)

※Aのみ、Bのみの受講も可能です。(A→Bの連続受講をおすすめします。)

※受講後、個別コーチング3回(任意)を受けられます。

特徴:当コースの担当講師は・・・

  • 20年以上米カリフォルニアでのマネジメント経験
  • 98%がリモートの100名強のチームを管理した実績

を持ちます。

最先端のリーダーシップについての理解深めながら、多数の実績をもとにした実践的アクティビティを通じて、これからの時代に必要なリーダーシップスキル、そして強い個となる術を学んでいただけます。

<リモートマネジメントA>知識・スキル習得編:
リモート/オンサイト(在宅)勤務が混在する、コロナ・パンデミック後の時代に必要なリーダーシップ

COVID-19 パンデミック後ではデジタル化に代表される多様な就業形態が加速し、多かれ少なかれ同じチームの中でリモートとオンサイトでの混在が世界規模で広がっていきます。その激動の中で過去に養われた既存概念でのリーダーシップでは、組織やプロジェクトチームを率いることは困難であり、今後のリーダーシップの本質を考え直す必要があります。
本研修では、オンラインを通したアクティビティ型ワークショップにより、パンデミック後で必要なリーダーシップ力を理論のみではなく、強烈な気づきや動機付けによって習得します。

習得できるスキル:

  • リモートとオンサイト混在でのコミュニケーション
  • 自分のリーダーシップ・スタイルの確立
  • チームや個人のモチベーション・コントロール

<リモートマネジメントB>実務応用編:
コロナ・パンデミック後のニューノーマルに最適な管理遂行プロセスのフレームワーク

COVID-19 パンデミックでは、会社・仕事の中でコミュニケーションや管理遂行において既に変化を体験されているのではと思います。2018年の金融危機での変化で経験した様に、これは一時的なものではなく、これから恒常的につづくニューノーマル(新しい常識・新しい行動規範)となります。このニューノーマルの中でのビジネス・プロセスはリモート・オンサイトの混在に代表する多様な就業体系や、市場の変化のスピードに対応したものになる必要があります。
本研修では、ニューノーマルに最適なフレームワークをそのコンセプトとオンラインでの擬似アクティビティにより習得します。

習得できるスキル:

  • 世界標準リーダーシップ力
  • チーム・インフラの構築
  • スクラム・フレームの応用

研修の成功をささえる
ファシリテーター

金子 厚志 氏
MR. KENNY KANEKO

米国C.C.E 認定 GCDF-Japan キャリアカウンセラー
O.R.S.CⓇ System Coaching Training 修了
特定非営利活動法人留学協会認定RCA留学アドバイザー

シリコンバレーの米国IT大手企業、Symantec, Siebel Systems(現Oracle)、Autodesk社で約20年に渡りマネジャー・ディ レクター職として活躍。スタートアップ組織から多国籍チームまで豊富なチームマネジメント経験、プロジェクトマネジメント 経験を持つ。現在は、コーチングを通して、日本企業に対するグローバル人材育成および、リーダーのマネジメント・スタイル の国際化において実践的な支援を提供している。

ワークショップスケジュール

平日セッション 4月 受付終了
5月 受付終了
6月 06/03(水)20:00~22:00
リモートマネジメントA:
知識・スキル習得編

06/10(水)20:00~22:00
リモートマネジメントB:
実務応用編
日曜セッション 5月 受付終了
6月 06/07(日)11:00~12:30
リモートマネジメントA:
知識・スキル習得編

06/14(日)11:00~12:30
リモートマネジメントB:
実務応用編

定員:10名(最少催行人数3名)

場所:オンライン

★ご受講後のオプション★

グローバルマーケットにおける自己認識アセスメント(Saville Assessment)をご案内可能です。1名様あたり15,000円(税別)となりますので、ご希望の方はお知らせください。

<Saville Assessmentとは>
個人の主な職務範囲における個人の動機、興味関心、ニーズ、才能を調査するスタイルアセスメント。結果は世界におけるプロフェッショナルおよびマネージャー18,000名以上のグループとの比較に基づいており、職場での行動を測る 上では有効な目安となる。Saville Assessment 社が承認した企業/団体にのみ活用が認められています。

利用規約をご一読の上、上記よりお申込ください。

コーポレート人事・人材開発経由
カスタマイズ【オンライン完結型】

ICCでは、社内研修の方法の一つとして、オンライン完結型のワークショップをご提案しております。ライブ参加による対話型の研修のため、オンライン実施であっても積極的な発言・ディスカッションが求められ、国内外の対面型研修と同等の効果が見込めます。
研修のテーマはもちろん、ワークショップ内で扱うトピックは研修者の所属部署や取扱商材、職種に応じてアレンジいたします。お気軽にご相談ください。

社内研修用 カスタマイズ オンライン完結型研修の例

「グローバルマネジメント研修ワークショップ」

〜多種多様なグローバル環境に対応できる世界標準のリーダーを育成〜

概要例)
第1回:「多文化・グローバル環境と日本人」
第2回:「世界標準のリーダーシップ」
第3回:「将来のマネジメント・スタイル構築」

オープンコース(個人参加型)ではないからこそ、貴社の求める人材像、研修戦略に応じて、内容、対象、スケジュール等、すべてカスタマイズが可能です。導入費用も、実施時期、実施回数、内容、テーマ、人数によって変動いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

ICCオンライン完結型研修ワークショップとは?

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、海外への社員派遣、対面トレーニングが困難な昨今。

ICCのオンライン研修プログラムでは、トレーニングルームにいるのと同様に、海外在住トレーナー、海外で活躍するビジネスエキスパートからのインタラクティブなトレーニングが可能です。

対面で一同に集まることなく、世界中の各拠点から参加いただき、短時間集中で受講します。リモートワークが推進される中、研修効果を下げることなく、海外研修と同等のスキル・思考力を養います。

ICCオンライン研修の特徴

双方向のワークショップ型
(積極的参加を求められる)

トレーナー・
ファシリテーターを
欧米アジアから招聘

ケーススタディを用いた
実践型(ロールプレイ必修)

導入・受講方法

個人参加

コーポレート
(人事・人材開発)経由

カスタマイズ

【オンライン完結型研修ワークショップ FAQ】

Q:オンラインワークショップとは何ですか?eラーニングとは違うのでしょうか?
A: ICCのオンライン完結型トレーニングは、双方向の対話型の研修です。パソコン画面から配信される録画動画を視聴する形ではなく、ライブ参加にて、積極的な発言・ディスカッションにより、実務への応用をイメージしていただきやすくなっています。

Q:事前の設備準備は必要でしょうか?
A: インターネット環境が整ったPCがあれば、その他の準備は不用です。双方向コミュニケーションのため、ビデオと音声が問題なく機能しているかを予めご確認ください。

Q:オンラインだと、思ったようなディスカッションが出来るか不安です。
A: 当ワークショップでは、Zoomのチャット機能やブレイクアウトルーム機能を使い、ペアワークやグループワークを行います。リモートマネジメントに必須のICTの知識、技術もファシリテーターがアクティビティを通じて丁寧に研修します。